50歳で、今に見ておれ。

50歳で、今に見ておれ。

50歳で、今に見ておれ。

歯科で大事な、骨粗しょう症とインプラント。
一見関係ないけど 関係があります。
骨粗しょう症とは、カルシウム不足などで骨の中がスカスカになること。
骨粗しょう症と聞くと背骨のことが浮かびます。
でも、インプラントを支えるのは骨。
新潟市 歯医者でも骨の強度が必要です。
閉経後の女性は特に注意です。
女性ホルモンががんばって骨を守ってくれているんですね。
大豆製品をとったり、小魚なんかを食べるといいみたい。
私のように 出っ歯スキッ歯で長年なやんできたものにとっては いつか歯が抜け、歯科でインプラントにしたら 一気に美人になるんじゃないかと思ったりするけどどうなんでしょうか。
まあそのころには 歯並びよりも大変な問題がいくつも出てきて とてもそんな風にはならないのでしょうねえ。
かつての紅顔の美少年、クラスのマドンナほど急速に劣化していきますよね。
逆に歳を重ねるごとにどんどん美しくなるような人もいます。(シルク姉さん?)
私は半沢よろしく「50(歳)で倍返しだ!」と思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 目の病気の話 角膜の状態の話 身体の病気の話 年齢や職業の話 後遺症について