身体と病気とレーシック

年齢や職業の話

年齢や職業の話

目や身体に病気がなくても、レーシックの手術が受けられない場合というのもあります。

 

*20歳未満の場合(医院により18歳としている医院もあります)

 

身体が成長期にある場合、手術後に視力低下が進行してしまう可能性が高いため、成長期が止まってから手術を行います。

 

*運転手や格闘家、パイロットなど、職務に支障をきたす恐れがある場合

 

レーシックは、角膜の強度が低下してしまいます。また、ハロ・グレア現象などが起こってしまう可能性もあり、これらの症状が業務に支障を来す場合にはレーシックを受けることが出来ません。

 

*老眼の快復が目的の場合

 

老眼は老化現象によって起こる視力低下の為、レーシックでは老眼を快復させることは出来ません。

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • 包茎 名古屋

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 目の病気の話 角膜の状態の話 身体の病気の話 年齢や職業の話 後遺症について